投稿

旧姓を失った研究者が海外でも活躍するためには

イメージ
突然ですが結婚しました! そして苗字の珍しさで負けたので、夫の姓にすることに話し合いで決まりました。
今まで名前と生年月日という情報をもとに個人が識別されていたのに、名前が変わるって大丈夫なの!?と思ったらやっぱり大変でした。
ということで、それに伴う名前変更作業などについて記録しておきます。
(これを参考にして何か問題が起きても責任はとれませんので悪しからず)
そもそも仕事での名前をどうするか? 研究者にとって、今までの名前で検索して業績がひっかからないというのは致命的です。
私は一応生物系(???)の研究者なので基本的にPubmedを参照することが多いですが、
知り合いの研究者の名前をPubmedで検索してみると、論文誌によって保持される著者名情報が違うためミドルネームの情報ではヒットしない場合が多く、苗字の変更はクリティカルになります。


↑ 姓名などについて詳しく条件づける検索方法は特にないようです
例えばHetta HaraさんがHetta Okaneさんになったとき
こんなとき、名前をどうするかについては知り合いの(主に女性の)研究者の人たちをみるといくつかのパターンがありました。
旧姓のまま(Hetta Hara)メリット 当然楽 であり、今までの活動をまるっとそのまま引き継げる。デメリット 戸籍名を強制する表記があったときに、それらを統合する術がない。また、その本人であることを証明することも難しくなる。税金関係や未確認だが卒業論文、証明などは戸籍名になるという説がある。パスポートも原則戸籍名です。新姓に変更する(Hetta Okane)メリット 戸籍名と一致するため本人確認で身分証を必要するときにも問題なしデメリット もしそれまでに研究活動をしていたらそれらを統合する術がない。医師免許や博士号などの名前と異なるので、証明が難しい。ミドルネームに旧姓を入れる(Hetta Hara Okane)メリット 一応公式の名前は戸籍名と一致しており、旧姓の情報もわかるので親切な人であれば昔の論文も検索してくれるかもしれない。デメリット Pubmedの検索では名前とミドルネーム情報はイニシャルでしか含まれないことが多い(Pubmedの仕様なのか元の論文誌の仕様なのか要検証)ため、Hetta Hara Okaneで検索したとき、Hetta Hara時代の論文はヒットし…

年末

なのでOSをmojamojamojaveにあげました。

いろいろなソフトはいまのところわりと動いてくれていますが、BetterTouchTools, Karabiner, Dvorakが死にました。

BetterTouchToolsの問題 アクセシビリティの承認を一度外してから起動して、オーサライズを求められたらまたチェックを入れたら無事動いた。

Karabinerの問題 再インストール。

Dvorak用ローマ字テーブルの編集
https://discussionsjapan.apple.com/thread/110199833

/System/Library/Input\ Methods/JapaneseIM.app/Contents/PlugIns/JapaneseIM.appex/Contents/Resources/RomajiRule_Kotoeri.txt
をsudo状態で直して、以下のコマンドをシェルでうつ。
defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri UseKotoeriRomajiRule -bool true && killall JapaneseIM


Rの新しいgcc環境かつsudoなしでのインストール

このポストがネ申(>人<)

http://pj.freefaculty.org/blog/?p=315

環境変数の設定を忘れなければ通るはず...!

追記:あとこれ!
http://matrafox.info/problem-with-ffmpeg-usrlocalliblibbz2-a-could-not-read-symbols-bad-value.html

xml2のインストールに失敗する@mac OSX

anacondaとbrewで入れたxml2-configの衝突が原因らしい。

http://www.perfectlyrandom.org/2015/12/13/install-xml2-r-package-on-macos/


ということで、いろいろ試したけどどうしても動かず...
/usr/localのパスを一番にしても which xml2-configを調べるとanacondaの方にリンクされて、
「なぜ...???」
となっていたら、.zshrcの中でanaconda環境をアクチベートしていたので
毎回anacondaのパスが一番先頭にきていたのでした。
activateしていない状態でインストールしたら、無事成功v(´∀`*v)ピース

High sierraにあげた

Dvorak対応(caでかに変換とか)は
/Systems/Library/Input Methods/JapaneseIM.app/Contents/PlugIns/JapaneseIM.appex/Contents/Resources/RomajiRule_Kotoeri.txt
の書き換えではできなくなってしまったらしい。。

別のソフトを入れるか、とりあえずGoogle IMEを入れる。

改悪だなぁ...

Pythonのオブジェクト一覧

Rのobjects()みたいな関数が欲しいと思ったんだけど、
ググり方が悪かったのかなかなか見つからなかった。

https://stackoverflow.com/questions/4458701/how-to-get-the-list-of-all-initialized-objects-and-function-definitions-alive-in

最終的にlocals, globalsでなんとかなりそう。
gcはオブジェクトのメンバー変数なんかまで調べるのに適していそうな気配。

Arch linuxのネットワーク問題

Hyper-vでArchを入れましたが、外部スイッチはちゃんと設定しているはずなのに
pingがうまくいかない問題。


ip addr
で誰がいるか確認をして、
sudo ip link set eth_hoge up
として念のためupにさせて、
最終的に
dhcpcd eth_hoge
としてあげたらpingが通るようになりました。
dhcpのためのclientが自動で動いていなかった、という理解でいいと思われる。

これで無事デスクトップ環境をいれることができそう。