cuiでプリント

論文を直していると、
いちいちpdfビューワーで開いてプリントボタン押すのも面倒になりますよね
(←めっちゃspecific

そんなときはlpコマンド群を使うと幸せになれます、両面印刷なんかもできちゃうんですよ。
以下サンプル。


lpoptions -o sides=two-sided-long-edge
pdftops temp.pdf | lp -P 1-4 -o scaling=50 -o temp.ps


pdfだと(ドライバの関係か)うまくいかなかったので、psに直してから印刷します。
プリンタを選択するときはlpoptionsとか、SオプションなんかでIPを指定できます。
指定しないとデフォルトに送られるはず。

-Pがページ数指定で、2-とかで2ページ目から最後とかもできるらしい。
scaling=50でサイズ50%に縮小するはずなんですが、私の環境だとどうもうまくいかんかった。なぜだ。


あとぽんぽん印刷に送っていると、今日何回、いつ印刷したかわからなくなったりしますが
macならターミナルで

cupsctl WebInterface=yes

としてウェブブラウザからlocalhostのhttp://localhost:631を開いてあげると
過去のjob履歴をウェブインターフェースで確認できます。
直近のものはreprintなんかもできて大変便利。


以上、
オヌヌメでした(´・ω・`)

コメント

このブログの人気の投稿

再現性なんてないさ(?)

特に収穫がない日

jupytherにチャレンジ