擦り傷

だいぶ治ってきました。
水につけてももう大丈夫です。

Natureのカキゲノム読みました。
確かに水があるときとないときで環境の差が大きいので、
ストレスに強くなるためにどのようなシステムが働いているか調べる
というアプローチは正しいんだろうなと思いました。

ところでライブラリをいつ使ったらいいのかわかりません。
共通するような作業をまとめるとき見たい漠然としたイメージしかないです…

一つの実行ファイルのサイズを小さくするときにも使ったりするんでしょうか。

使い方はわかるんですが

よくわからん。

コメント

このブログの人気の投稿

再現性なんてないさ(?)

特に収穫がない日

jupytherにチャレンジ