投稿

2月, 2016の投稿を表示しています

しんそうがくしゅうはじめ

必要になりそうなので、勉強&使い始めることにしました。

theano/pylearn2が鉄壁みたいなので、基本はpythonにしようと思いますが、

torchというLuaで書かれたライブラリが面白そうだったので入れてみました。
(参照:http://conditional.github.io/blog/2013/12/07/an-introduction-to-torch7/

ついでにprogramming in Luaのfirst editionを読み始めました。
http://underpop.free.fr/l/lua/docs/programming-in-lua-first-edition.pdf


Cに埋め込めるというのはよいけど、多分自分じゃ滅多に使わないと思ってる。



理論は一回チラ見したけど、中身の実装本当にわかっているわけではないので、
とりあえずNNのそれぞれの手法の違いから勉強して行きます ʕ◔ϖ◔ʔ

maxぶんぷ

イメージ
maxをとったときの分布について、だだっと出してみた。
rnorm(0, 1) (平均0, 偏差1)から10 (上)1000 (中)100000(下)回サンプルして、 そのmaxをとったときの値10000回分のヒストグラム。

前にも苦労した記憶があるから、 maxの場合の分布の解析的なはなしを探してみよう。。






goでシンプルGUIパーサーを書いた

論文の関係でまだ非公開だけど、じきに以下で公開する予定。

https://github.com/carushi/MADscan


今回はmattnさんのgo-gtkのデモを存分にいじらせていただきました。
これ便利だから、本家のgtkの方もしっかり覚えたいな〜と思った。
まだgo-gtkは開発中でもあるしね。


でもこのソフト、CUIが使えない研究者のために開発したんだけども、
go getがタイプできるレベルならもはやCUI使えてるんじゃないかなっとね、思いましたね(; ・`д・´)


↓みたいにクロスコンパイルでバイナリーを配布したいけど
http://deeeet.com/writing/2014/05/19/gox/
go-gtkに依存してるからできひん。
(できるのかな?よくわかってないけど勝手にやるのはダメよね?


というわけで絶賛お仕事中。