投稿

4月, 2014の投稿を表示しています

コマンドキーがぶっとびそう

Pythonで遺伝的プログラミングをやろうと思い立って

DEAPを入れてみました。

https://code.google.com/p/deap/


これでなんかシミュレーションしてみよう...

シェル芸さんで使ってた技

http://pcmemorin.blog.fc2.com/blog-entry-454.html

exec にコマンドを何も入れないと、現行のシェルに対してリダイレクトを実行してくれるらすぃ。

だから


LOGFILE=$1

exec 2>> $LOGFILE

command1
command2
...


とやると全部ファイルにログがとれる。
便利。




Dvorak配列だいぶ慣れてきました。
そろそろqwertyが打てなくなってしまうかしら。


というかDvorakでqwertyって打つのムズイ(笑)

染色体のACGTをカウント

デバッグのために、各染色体の塩基組成を調べます。


tail +n 2  chrX.fa | sed -e "s/[^aA]//g" | tr -d '/n' | wc


awk使った方がもっと早くいけたかなぁ。
最初小文字大文字あるのを忘れてました。。

pyqtの導入 for mac

インストールに依存関係があるものがありますが、

brewで一発!


私が詰まったのはそのあとのPathでした。

.bashrcあたりにpyqtが入ったディレクトリを

PYTHONPATH=/usr/local/Cellar/ど−ちゃら

といれておきます。

libのしたぐらいまで指定する必要があります。

Dvorakにします

イメージ
(予定)

左側に母音がまとまってるとやりやすそうなので、
ちょっくら練習してみています(^^)

追記)
ca, ci, cu, ce, coはKotoeriRomaji.plistをいじってみてもダメだったんですが、
ここを参考にKotoeriRomaji.txtをいじってみたらいけました。
というか私の環境じゃそもそも「cあ」とかで変換できてなかった。
_______________

あとはpyqtを導入しました!
C++ベースのQtをpythonからいじるんですが、C++で書くのとどっちがいいかはわかりません(笑)
ただC++ではあんまりGUIいじる気にならないので、pyqtの方にしてみました。

Slidesharの資料を参考にまずタイマーを。


ふむ。



面白いかも。
導入でつまったところは次の記事にまとめます。


OpenSSL問題

http://d.hatena.ne.jp/nekoruri/20140410/heartbleedrisk



なるほどφ(゚Д゚ )フムフム…

インターネット通信はさっぱりですわ。。

Subversionで一つ前との差分を調べたい

http://d.hatena.ne.jp/yoya/20130714/svn

svn diff PREV:HEAD

でいけました。


なるほどなるほど。


追記:
私の手元だと一つ前ではなくて、最初のファイルと比較している...???

Instruments

メモリリークチェックに使ってみました。

便利だけど、ふつうに使ってるアプリケーションのメモリリーク多すぎません?



江添さんのブログによるとgccに--ffast-mathというオプションがあるらしい。
浮動小数点数同士の演算を
多少の誤差を無視して高速化するオプションらしい。

メモc⌒っ゚д゚)っφ メモメモ...